株チャート分析~TPPの株式ファンド

TPP戦略について。株式の持ち合い禁止や最新情報 - TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)とは何?

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    更新情報

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)とは何?

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)という言葉を最近よく見かけるのではないでしょうか?
    新聞やニュースでも頻繁に見かけます。
    知らないようならばTPPを意識してみるといいでしょう。
    けれども名前だけ知っていているだけでは意味がありません。
    TPPとは何かをしることが大切ではないでしょうか?
    日本に居住している国民ならば全く無縁なことではないです。
    少なからず誰でもが影響を受ける問題です。
    少なくとも自分にはどんな影響があるかだけでも理解をしておきてほしいです。
    あなたの環境によっては日常生活が劇的に変わってくるかもしれませんよ!
    TPPが目的にしているのはアジアからアメリカにかけての広大な環太平洋地域で自由な経済活動をするようにしませんか?ということです。
    良い話である――と思いがちですが、いろいろと勉強をしていくと単純な話もなくなります。
    たくさんの国々が集まってきて自由に経済活動ができる面を考えれば魅力があります。
    しかしながらTPPによって日本の経済に関係してくる国々によって日本の会社が駆逐されてしまうリスクもあります。
    経済活動が劇的に活発化することで日本が豊かににある――これが賛成派の意見です。
    けれどもその裏には弱者を切り捨てるという意図も感じられます。
    TPPに関する諸問題は議論の真っ最中ですから注目しておきましょう。
    日本はTPPに参加することを決定しました。
    世論を見てみるとTPPに賛成派と反対派は半々ぐらいでしょうか?
    いずれにしても参加表明をしたわけですから、もう後戻りをすることはできません。
    一般的に注目されているのは農業面のことが多いです。
    しかしそれだけではなくて医療保険制度も懸念材料です。
    TPPに参加することによって日本の皆保険制度が崩れるかもしれないからです。
    自分達の生活にTPPがどういった影響があるのか、インターネットでのWebサイトやブログなども確認しながら正確な知識を身につけておきたいですね。

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)と株価の関係

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)という言葉を耳にする機会が増えました。
    けれどもその内容について解説してくれる機会はそれほど多くありません。
    大きな問題点はとりあげられていますが客観性に欠けているような印象があります。
    メリットとデメリットは明確でハッキリしているように思います。
    TPPの是非を判断することを難しくしているのはTPPに反対する人達の声です。
    そういった団体に立場から説明されているからです。
    どちらかの立場に立ってしまうと客観的にTPPを判断することができません。
    TPPに参加しなければメリットは生まれませんが、デメリットを被ることは回避できます。
    デメリットがないでしょうが、TPPに参加しないデメリットはそれを上回るかもしれません。

    TPP参加国同士は有利?不利?

    いずれにしても日本はTPPに参加しました。
    これによって国際社会から離脱することはなくなったのです。
    各国が連携しあって協力しあいましょうとう輪から背を向けることはしなかったのです。
    TPP参加国同士で有利に展開することも不参加では圧倒的に不利ですからね。
    もしもTPPに参加しなければ国際的にも注目されるマーケットではなくなるので株価は大きく下落していたでしょう。
    こういった側面も考えて内閣は判断をくだしたのだと思います。
    株価の問題がなければ良いということではないですが、まずは農業を守ることを一番の課題に捉えるべきです。

    TPPの参加によるメリット・デメリット

    TPPに参加したことはメリットが大きいとの判断ですがデメリットも考えながら交渉しなければなりません。
    参加したのが失敗だった――なんて後悔をしないようにすることが大切です。
    一度TPPに参加してしまうと、自分の国の国益が守れないからと約束を反故にすることはできません。
    損害賠償請求の対象になってしまい国際社会からは抹殺されてしまいます。
    TPPに関する情報をしっかりと集めておいて、私達の生活にどういった影響があるのかを勉強しなければなりません。

    Copyright(C)2014株チャート分析~TPPの株式ファンドAll Rights Reserved.